カエルのCMでお馴染みのJCBカードの会社とは

社会人になると、たいていの人がクレジットカードを持つようになります。

銀行のカードについていたり、よく行くお店の提携のカードだったりしますよね。

それらのカードより、今はポイントの還元率が高いクレジットカードに注目が集まっています。

特に有名なもので言うと「漢方スタイルクラブカード」があります。

このカードは一般のポイント還元率の3倍だというから驚きです。

そのカードを作るには、「VISA」と「JCB」を選ぶことが可能です。

VISAはもちろん国内でも大変有名ですが、最近ではジャニーズの二宮和也さんと、カエルが共演しているCMが印象的なJCBも大変人気があります。

では、JCBとはどんな会社でしょうか。

今回はこちらの会社について紹介したいと思います。

正式な会社名は株式会社JCBです。

創立は1961年で、従業員数は3,000名を超えている大企業です。

主な業務はクレジットカード業務になります。

本社は東京になり、そのほか北海道から九州まで支店を展開しています。

主だった事業のクレジットカードでは、最近JCB EITというカードが大変人気です。

こちらのカードの特徴はまずデザインです。

無機質なクレジットカードのイメージを払拭した、大変おしゃれなデザインになっています。

ボーダー柄、ドット柄、チェック柄などお財布から取り出すときにも華やかさを演出してくれます。

また、そのカードの人気はデザイン性だけではありません。

年会費が永久に無料で、oki Dokiポイントが2倍などです。

そして、最大の魅力と言えるのが、海外旅行傷害保険最高2000万円まで補償という内容でしょう。

ショッピングも最高100万円まで国内、海外問わず補償してくれます。

また、JCBでは大手のヤフーと提携して、カード利用でTポイントを貯めるサービスも行っています。

また「ここでも使えるJCB」として様々なシーンに合わせて、カードが利用できるようになっています。

カードの種類も実に豊富で、インターネットのホームページでは、自分の条件に合わせてカードを選ぶことができます。

巷には様々なカードがありますが、JCBでカードを作ってみようと感じさせられる魅力ある会社です。

ジャックスカードで有名なジャックスという会社について

現在巷には様々なクレジットカードがあふれています。

今はインターネットで人気のカードを調べることも可能です。

その中で今一番注目されているのは、クレジットカードを利用した時にもらえる、ポイントの還元率ではないでしょうか。

このポイント還元率が高いと評判のカードには、漢方スタイルクラブカードなどがよく聞かれます。

漢方スタイルクラブカードは、薬日本堂とジャックスが提携し発行しています。

漢方スタイルクラブカードでは、ジャックスのJデポが利用できます。

Jデポとは、Jデポ有効期限内に利用した金額に応じて、実際の請求額に値引きが受けられるサービスです。

では、このジャックスという会社は、どんな会社なのでしょうか。

今回はこちらの会社を紹介したいと思います。

正式な会社名は株式会社ジャックスです。

設立は昭和29年で、その主な事業内容はクレジット事業、ローン事業、住宅ローン事業などです。

従業員数は3,000名を超えている大企業です。

支店は北海道から、沖縄まで主要都市を網羅し、カスタマーセンター、住宅ローンセンターなども併設しています。

主だった事業内容である、ショッピングクレジット、オートローンの取り扱いの、日本でのシェアは2番目に多いと言われています。

ショッピングクレジットでは、インターネットショッピングサイトの大手である、アマゾンや楽天、ヤフーなどと提携して、ポイントアップ制を取り入れています。

キャンペーン内容も豊富で、指定額以上をリボ払いにすると、ギフトカードがもらえたり、携帯電話料金の支払いでポイントが貯まるなど多岐にわたります。

また、経営方針は堅実と言われ、バブル期の不動産投資なども行わず、現在過払い金などの問題も少ない会社だと言われています。

クレジットカードの種類もたくさんあり、女性向けや、学生向けといった所得の少ない人にもうれしいカードが揃っています。

創立から、顧客の様々なニーズに応え、現在でも大変人気の高い商品を世の中に提供している会社と言えるでしょう。

漢方スタイルクラブカードでお馴染みの薬日本堂とは

漢方スタイルクラブカードは、ポイント還元率の高さから、インターネット上の人気クレジットカード上位に常に位置しているカードです。

多くのカード会社が様々な事業を展開していますが、この漢方スタイルクラブカードの「漢方」の部分は非常に印象的です。

このカードの会社は「薬日本堂」という会社ですが、どんな会社なのでしょうか。

今回はこちらの会社を紹介してみたいと思います。

まず、正式な会社名は薬日本堂株式会社です。

事業内容は漢方ブティック、漢方相談薬局、などとなっています。

1964年に設立され、販売店舗は北海道から福岡まで幅広く事業を展開しています。

漢方相談専門店では国内最大級の会社です。

専任の相談担当制をとっていて、来店時は、いつも同じ相談員が相談を受けるようにされています。

また、漢方の処方だけでなく、相談者の生活改善の相談にものっています。

アフターフォローも万全で、継続して飲み続けにくい漢方を、継続して飲んでもらうために定期的な連絡をして、相談にのったり、応援をしたりといった活動も行っています。

漢方薬、薬局という店舗のイメージとは違い、まるでおしゃれな美容室といった店構えが特徴の一つです。

オンラインショップなどの展開もあり、サプリメントや、お茶、スキンケア商品などの取り扱いもあります。

またダイエット食品などの販売もあり、長年漢方を専門としてきた知識や経験を、様々な商品へ活かすことに成功しています。

販売店舗の他に漢方ミュージアムという施設を設立されています。

施設の内容は、漢方をテーマにレストランや、漢方教室、ブティックなどです。

その施設を使った「ミュージアムツアー」も開催されていて、施設の見学や食事、漢方の基礎講座などを催しています。

また、「漢方を学ぶ」として資格取得をめざしたり、セミナーを開催したり、講座などを開設したりと、漢方について学ぶことができるサービスを提供されています。

また、資格取得には初級、中級、指導士と3段階にレベルが分かれており、段階を追って取得することが可能です。

資格取得の条件によっては「漢方スタイリスト」の称号を得ることもできます。

漢方スタイルクラブカードで使える電子マネーについて

漢方スタイルクラブカードはポイント還元率の高さから、大変人気を集めています。

なんと、一般のカードの3倍というのですから驚きです。

人気の秘密はそのポイント還元率と、ポイントの貯め易さにもあるのです。

それは電子マネーを利用したポイント還元です。

漢方スタイルクラブカードでは、セブンイレブンやイトーヨカドーで使えるnanacoカードという電子マネーにチャージすることで、ポイントが付与されるシステムになっています。

セブンイレブンで買い物をする際、この漢方スタイルクラブカードを間に挟むことで、ポイントを貯めることができるというのです。

最近はこの電子マネーの利用が増えています。

ではこの電子マネーとはどんなものでしょうか。

これは、企業から提供されている電子決済サービスの事をいいます。

電子マネーは、電子的な通信によって決済される方法で、オンライン方式、仮想マネー方式など数種類の方法があります。

こうした電子マネーの普及には、財布を持ち歩いて、小銭が増える煩わしさから解放される、といった利点から、多くの利用客を獲得してきました。

また、Edyのようないわゆる「おサイフケータイ」といった、自分の携帯をかざすだけで、支払が終わるなど、支払の素早さからも多くの利用者からの支持を集めています。

先ほど紹介したnanacoカードは前払い式の電子マネーです。

これは、プラスチック製のカードと、携帯で利用できる「nanakoモバイル」の二つの種類があります。

利用する前に、あらかじめ現金をチャージしておいて、その額分利用できるというシステムになっています。

セブンイレブンや、イトーヨカドーをよく利用される方は、あらかじめ漢方スタイルクラブカードを利用して、チャージしておくといいでしょう。

同じ買い物でも、漢方スタイルクラブカードにポイントを貯めることができるので、多少の手間はかかりますが、お得な利用方法ですのでお勧めです。

クレジットカードのポイント還元率とは何なのか

巷で評判の漢方スタイルクラブカードですが、有名な理由といえばなんといってもポイントの還元率ではないでしょうか。

一般のカード還元率より3倍も多いという事です。

カードでの買い物をした際や、公共料金の支払いなどで、皆さんクレジットカードのポイントを気にしている方も多いと思います。

漢方スタイルクラブカードでは、その還元率の良さが大きな特徴と言えるでしょう。

他には、AMEXでは会員が映画の試写会イベントに参加できるサービスや、少額の買い物からお得にポイントを貯めることができるサービス、飲食代キャッシュバックサービスなどが提供されています。

このようにポイント還元率はその会社ごとに違いますし、それぞれ会社の特徴があります。

ではここで言うポイント還元率について説明したいと思います。

一般的なクレジットカードでは買い物をすることで、ポイントが付与されます。

このポイントの還元率が、各会社のクレジットカードを比較する際によく用いられます。

カードを利用した際に、その利用額のうち、カードを使った人に還元される比率の事を還元率と言います。

ポイント還元率は、各社設定してある金額がありますので、それを確認してみると導き出すことができます。

買い物をすればするほどこのポイントが増えますが、金額に対して還元される比率のいい会社が人気を集めているのです。

なぜならば、クレジットカード利用で貯まったポイントは商品券や、インターネットでの専門サイトなどで、実際に使用することができます。

ポイントを貯めることで、買い物ができてしまうのです。

そうなると同じ金額で買い物をするのに、少ないポイントをもらうより、多いポイントがもらえる会社を選びたいと、誰しもが考えることではないでしょうか。

一つ注意しなければいけないのは、ポイント還元率がいい会社であっても、年会費などがかかる場合があります。

あまりカードを利用しない人であれば、利用していないのに、その年会費だけを毎年支払うといったことにもなりかねません。

自分の利用金額をあらかじめ算出した上で、ポイント還元率のいい会社を選ぶことをお勧めします。

ヨーロッパでよく使われている国際ブランドMasterCard

クレジットカードにはJCB、VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS、DinersClubの5つの国際ブランドがあります。

国際ブランドは世界中で利用でき、この5つしかありません。

MasterCardはアメリカに本社を置く企業です。

同じ国際ブランドのVISAに対抗して生まれたカードで、VISAと同じくらい所有者が多く、ヨーロッパでよく使われています。

MasterCard自体がカードの発行やサービスを提供することはなく、MasterCardからライセンスを取得した企業がカードの発行やサービスの提供を行っています。

MasterCardにはマイナーマスター問題があります。

マイナーマスター問題とは、MasterCardが利用できるという意味でステッカーが貼ってある加盟店でも、MasterCardが利用できないことがまれにあることです。

MasterCardが日本で発行された当時、MasterCardの使用は海外を前提としていたため、日本国内では利用できませんでした。

そのため、店頭にMasterCardのシールが貼ってあっても、MasterCardが使えるのはその店と契約しているクレジットカード会社のみでした。

この不具合を改善するために、DCカード、クレティセゾン、イオンクレジットサービスなどが参加してマスターカードジャパンを設立して、MasterCardを利用した各社の間での決済が可能になりましたが、マスターカードジャパンに加盟していない日本国内のMasterCard発行会社との間の決済はできませんでした。

現在はシステムが改善され、MasterCard Worldwideのネットワークを通じて決済が行われるため、日本国内でもMasterCardが使えないところはありませんが、古いカード端末機の場合は当初マスターカードジャパンに加盟していなかった会社のカードは使えないことがまれにあります。

日本で直接ライセンスを受けている会社は、青山キャピタル、アコム、イオンクレジットサービス、NTTファイナンスなどがあります。

クレジットカードの5つの国際ブランドの1つVISA

通常、クレジットカードにはVISAやJCB、MasterCardなどの世界中で利用できる国際ブランドがついています。

VISAとは、アメリカに本社を置くクレジットカードなどの決済手段の国際ブランドを運営する会社で、日本でも高いブランドイメージがあります。

1958年にバンク・オブ・アメリカが設立し、後ににVISAという社名に変更になりました。

VISAという社名には、各国地域の市場ニーズに合わせた貨幣価値を、国際決済サービスで提供する世界通貨という意味があります。

VISA自身は、カードの発行やその他のサービスなどは提供することはなく、VISAとライセンス契約をしている会社や業者が、自社の会員に対して提供しています。

厳しい審査やライセンス使用料が高額なために、VISAのライセンスを使用できない会社もあり、そういう会社は直接ライセンス発行を取得している会社と提携して、VISAカードを発行している会社もあります。

日本国内では、VISAから直接ライセンスを得てカードを発行している会社は、三井住友カード、すみしんライフカード、ジャパンネット銀行、セディナ、ソニー銀行、イオンクレジットサービス、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、楽天カード、楽天銀行、クレティセゾンなどがあります。

世界でも加盟店が多く、日本でもブランドイメージが確立されていて、非常に人気があります。

VISAカードには、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードがあります。

後払いのクレジットカードは、VISAクラシックカード、VISAゴールドカード、VISAプラチナカードなどが発行されています。

即時翌日払いのデビットカードは、VISAデビットカードが発行されています。

預かり払いのプリペードカードは、VISA海外トラベルプリペイドカード、VISAトラベルマネーなどがあります。

VISA海外トラベルプリペイドカードは、カードに入金しておくと、海外に設置されているATMから現地通貨で引き出したり、買い物で利用することができるカードで、日本ではJTBとクレティセゾンが発行していて、海外旅行の時などには、現金を持ち歩く必要がなく、両替の手間も省けるのでとても便利です。

一般のカードよりも高付加なサービスを付帯したゴールドカード

クレジットカードには年会費無料カード、クラシックカード(シルバーカード)、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、クリスタルカードなどのランクがあります。

ゴールドカードは、年会費無料カードやクラシックカード所持者が利用することができない特典やサービスを利用することができます。

ゴールドカードには、年齢や年収などの制限が設けられていて、利用限度額は一般のカードよりも高く設定されています。

ゴールドカードの年会費は10,500円程度のものが多く、最近は年会費が安い低年会費のゴールドカードや年会費無料のゴールドカードも発行されています。

審査基準は、一般のカードを作る場合と同様に年齢や年収、勤務先の規模や勤続年数などをもとに審査されます。

カード会社によって異なりますが、年収はおおむね400万円以上とされています。

年齢は原則30歳以上とされていますが、30歳未満でも発行される場合や、30歳未満のゴールドカードを別に設けているところもあります。

ゴールドカードで受けることができるサービスは、一般のカードよりも保険の補償額が高い、ゴールド会員専用デスクの利用、空港ラウンジの無料利用、ホテルや航空券、チケットなどの手配、医師や看護師などの無料健康電話相談、ゴールドカード会員専用雑誌の配布などがあります。

現在発行されているゴールカードには、アメリカンエキスプレスゴールドカード、JCBゴールド、三井住友VISAゴールドカード、シティゴールドカード、ジャックスゴールドカードなどがあります。

年会費無料のゴールドカードには、イオンゴールドカード、セブンカード(ゴールド)、エポスゴールドカードなどがあります。

これらの年会費無料のゴールドカードは一定の基準を満たした人に発行されるもので、自ら申し込むことはできません。

低年会費のカードには、MUFGカードゴールド、セディナカードゴールド、シティエリートなどがあります。

また、年間決済額が一定金額以上であれば年会費が無料になるカードもあります。

私たちの生活に欠かせないクレジットカード

2012年にJCBが全国の一般消費者3,500名を対象に行ったクレジットカードに関する総合調査の結果、クレジットカードの保有率は87%、1人当たりの保有枚数は3.5枚で、ほとんどの人がクレジットカードを複数枚所有しています。

クレジットカードがあれば、多額の現金を持ち歩く必要がないので、大きな買い物をする時や海外旅行に行く時、インターネットで買い物をする時などにはとても便利です。

また、各クレジットカード会社でポイントシステムもあり、貯まったポイントを様々な特典と交換することができます。

クレジットカードとは利用者の信用に基づいて発行されるカードで、利用者は有効期限や利用可能額などの範囲内で、代金後払いで商品を購入したり、様々なサービスを利用することができます。

利用可能額は、各クレジットカードによって異なりますが、クレジットカードの利用年数や利用状況などによって増減します。

有効期限は、数年単位で決められています。

有効期限が近づくとカード会社より通知があり、特に事故等問題がなければ自動更新されます。

クレジットカードの申し込みは、まず申込書を入手して、必要事項を記入して、カード会社へ提出します。

申し込み用紙は銀行や信販会社、百貨店、スーパーなどで入手できます。

最近はインターネットでの申し込みも可能です。

申込書を提出すると、クレジットカード会社の審査があります。

審査を通らないとクレジットカードは発行されません。

クレジットカードの審査は、利用者に支払能力があるかどうかを確認するものです。

審査の手順は、申込書の記載事項をチェックし、本人確認と契約意思の確認を行います。

申込者と自社の過去の取引状況をチェックして、信用情報機関を利用して、他社との取引状況や事故等について確認します。

特に問題がなければ、審査を通って、クレジットカードが発行されます。

クレジットカードには、様々機能がついているものがあるので、自分の用途にあったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

漢方について学ぶことができる薬日本堂漢方スクール

薬日本堂漢方スクールでは、漢方について詳しく学ぶことができます。

薬日本堂漢方スクールの特徴は、初心者でも漢方の基礎から学ぶことができること、養生の考え方が学べること、季節に合わせた漢方養生を生活の中にプラスする知識が学べることなどがあります。

少子高齢化社会を迎え、自分の健康は自分で守る時代になってきました。

漢方は、食事や運動、休息などの生活習慣や精神状態に気を配って養生し、病気になる前兆、兆しが見えたら、天然の生薬を使って病気になる前に治すという、人間の持っている自然治癒力を高め、病気を予防するという考え方で、今の時代にマッチしたものです。

この漢方の考え方や基礎知識、養生について、初心者でも基礎から学ぶことができ、日常生活の中で実践していく知識を身につけることができるのが薬日本堂漢方スクールです。

取得できる資格には、一般向けの漢方養生指導士初級、漢方養生指導士中級、漢方養生指導士上級、医療関係者向けの漢方臨床指導士があります。

セミナーには通学コース、通信コース、ワンデイセミナーがあります。

通学コースは、東京、大阪、仙台の3か所で受講することができます。

資格取得コースのカリキュラムは、漢方基礎や生理学、病因論、養生について学びます。

コースが終了すると、資格試験を受けて合格すれば、資格が認定されます。

資格取得コースの他に、養生薬膳コース、中国茶芸コース、アーユルヴェーダトリドーシャ理論、漢方美容で自分を磨く、セルフ・セラピー・カード、漢方経路・ツボコースなど、多彩なコースが用意されています。

ワンデイセミナーでは、漢方の基礎から様々な養生法や中医学などを手軽に学べるコースから、専門的な内容を学ぶコースまで、様々なコースが用意されていて、自分の学びたいことやレベルに合わせて、コースを選択して受講することができます。

1回で終了するので、初めての人でも気軽に参加することができ、ワンデイセミナーをきっかけに、資格取得コースでより詳しく学ぶ人もいます。